スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

Ubuntu10.04でEclipse日本語化

2011.3/11


もしかしたら今日は大学受験の後期試験ではないのでは?なんか今日と明日は大学に入れなくなるらしいのでたぶん入試ですね。もぉ研究室から4年生が居なくなり,自分たちが研究室を使えることになっています。自分の席も決まりましたので机をちょっと飾ってみたり,自分の使いやすいキーボードを持っていったりします。今週の頭から研究室に通っていますが,まだPCのセットアップの段階です。


なんか研究室ってイメージでは「最先端の設備を取り入れてスゲェ」って思っていたのですが,思ったより全然普通でした。PCはCPUがCeleronだしww 一番良いスペックでも(買ったばかり)core i3です。なんか研究室によっては100万近いPCとかもあったりするのですが,自分のところは・・・。というか自分の自宅のInspiron580の方がスペック高いです。


なので研究室のPC使っているとストレス溜まりますww しかもPCのリカバリ(実際は再インストール)を行ったのですがネットにつながりませんでした。なんかデバイスマネージャーを見ると「ネットワークアダプタ」がなかったのでドライバが認識されてないみたいです。OSはXPなのですが,もしかするとインストールディスク以外にドライバ用のCDがあるのでは?と思いますが,他のPCはインストールして即ネットにつながってました。オィw


分解して型番調べてドライバをダウンロードしてって流れになるんですかね。他のドライバならいいのですがネットにつながらないので,なんかメンドクサくなったのでとりあえずUbuntu10.04をデュアルブートで入れました。そしたら普通にネットにつながりました。さすがはUbuntu!!デュアルディスプレイもドライバ入れずにデフォルトで出来たし,もぉさすがですね☆


ってことでUbuntuに開発環境を準備することにしまして,eclipseをインストールしました。自分が研究しようとしているのはクラウドです。理由は「今後も加速しそうだから」です。テーマは考え中なのですが,「仮想化」とかしてみたいですね。クラウドといえばJavaみたいな概念があるので今勉強中です。せっかくなのでGAEを利用してサーブレット使えるようになってしまおうの真っ最中です。


ではeclipseの日本語化の方法です。方法は何個かあるのですが,今回は「Synapticマネジャーでeclipse(3.5Galileo)を入れて日本語にするために色々上書きする」って方法です。


1. まず「synapticマネージャー」を起動して「eclipse」と入力。普通にインストールします。


2. 「ここ」から「Eclipse 3.5 Galileo  Pleiades All in One」クリック。


3. Standard All in One (JRE なし)  「Ultimate/Java(どっちか)」をダウンロード。


4. 任意の場所に解凍します。 (例) /home/user/デスクトップ


ここからはコマンドを記述しときます。
$ cd /usr/lib/eclipse [Enter]
展開先が(例)だとします。

$ sudo cp -r /home/user/デスクトップ/pleiades-e3.5-java_20100226(ここは多少変わると思います)/eclipse/features/* features/ [Enter]

$ sudo cp -r /home/user/デスクトップ/pleiades-e3.5-java_20100226/eclipse/plugins/* plugins/ [Enter]
$ sudo gedit eclipse.ini [Enter]

##ここから追記
-javaagent:/usr/lib/eclipse/dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
##ここまで
[保存]

$sudo cp -r /home/user/デスクトップ/pleiades-e3.5-java_20100226/eclipse/dropins/ dropins [Enter]
自分の環境ではdropinsディレクトリがなかったのでコピーしました。eclipse.iniに追記した黄色字が存在しないとエラーが起きますので。

$eclipse -clean [Enter]

とりあえずここまででOKです。次からは 「-clean」なしでも日本語のままです。基本は「アプリケーション」→「プログラミング」→「eclipse」で起動すると思うので,コマンドで起動はあまり無いと思います。


次についでなのでGAEの開発環境をつくります。流れとしては「JDKをインストールしてeclipse用のプラグインをインストールする」です。


コマンドで書きます。
$ sudo add-apt-repository "deb http://archive.canonical.com/ lucid partner" [Enter]
リポジトリの追加です。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install sun-java6-jdk [Enter]


ではEclipse用プラグインをインストールします。eclipseを起動します。


「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」→「追加」
名前:書かない
URL: http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.5


追加したら「作業対象」の右側の三角形をクリックして「http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.5」を選択します。すると↓の用になります。


GAE.jpg

2つともチェックして「次へ」→「次へ」→「同意するにチェック」。


この段階で「完了」がクリックできない場合は一度キャンセルしてもう一度やり直してください。そうするとうまくいきます。


あとは妥当性がどうとか聞かれますが,全部OKしてください。


Pleiadesは必要なくなったので消してかまいません。結構ファイルサイズありますしね。これでeclipseの日本語化とGAEの開発環境(for Java)はOKです。


ではでは。










スポンサーサイト
2011-03-11(Fri)
 
MAxUraのプロフィール

MAxUra

名前:MAxUra
年齢:学生です。
趣味:ネットサーフィン
           DVD鑑賞
特徴:さまぁ~ずファンです
          Linux初心者です

Win,Linux,フリーソフト関連のメモを載せる予定です

 現在はWindows7 64bitを使用しています(2010年3月までは自分のPCはvistaなのでフリーソフトは基本vistaで動作済みってことになります)

コメント・相互リンク募集中です。

紹介してほしいソフトなどありましたら気軽にコメントやメールください♪

ブログ内検索フォーム
プログラミング関係
Black Cat Clock
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめブラウザ
Firefoxをいつも使ってます
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。