スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

exeファイルを作成したい?ならexewrapでいいんじゃない?

2010.8/17


Javaでプログラムを作成したら,windowsで簡単に起動できるexe形式のファイルに変換したいって思いますよね。そんなときに便利なフリーソフトが「exewrap」です。


このソフトは[ jarファイル ]から[ exeファイル ]をコマンドプロンプト上から簡単に作成できます。しかし自分の環境「Windows7 64bit」ではうまく使えませんでした。なんか対応してないわけじゃなようなのですが,なぜかうまくいかなかった。使える方法がありましたら教えてください!


[追記]windows7でexewrapを使用すると「JavaVMを作成できませんでした。jvm.dllがロードできませんでした。」というエラーが出て失敗していました。


しかし,そんなときに自分の環境「Windows7 64bit Professional」が役に立ちましたw


proでは「xp mode」っていうのがあります。ということでxp modeで「exewrap」を使ってみてしまおうと思い立ちました。そうしたらうまくいったのでやり方を載せときます。


[追記] なぜか直りました。windows7のコマンドプロンプトでもexewrapが使えるようになりましたw 試行錯誤はしたのですが,原因はイマイチわかりません。ということで,windows7でどうしてもexewrapが使えない場合のみ参考にしてください。
普通にwindows7でexewrapを使うとしても基本的には同じ方法です。なのでwindows7でexewrapを使うなら
 「C:¥Program Files¥Java¥jre6¥bin」を「C:¥Program Files (x86)¥Java¥jre6¥bin」として読み替えてください。
それと「xp」・「仮想xp」
をすべて「windows7」として読み替えてください。

詳しくは「続きを読む」をクリックで。

(補足) 「xp」・「仮想xp」とかありますが全てvirtualbox(xp mode)で作った仮想xpのことです。

(win7で作業)
①「http://www.ne.jp/asahi/web/ryo/exewrap/」から最新の「exewrap096.zip」をダウンロードする。


(win7・xpの両方)
②「http://www.java.com/ja/download/manual.jsp」からオフラインのインストーラー(jre-6u21-windows-i586-s(.exe)をダウンロードしてxp modeの仮想xpに移動してインストールする。


(win7・xpの両方)
③「exewrap096.zip」を解凍して「exewrap096」というフォルダから「exewrap(.exe)」を仮想xpのjreのインストール先の「C:¥Program Files¥Java¥jre6¥bin」にコピーする。


(xpで作業)
④「スタート」→「マイコンピュータ」をクリック。マイコンピュータ上で 「右クリック」して「プロパティ」をクリック。「システムのプロパティのタブ」の[詳細設定]をクリック。「環境変数」をクリック。[システム環境変数]で<Path>をクリックして「編集」をクリック。

↓こんな感じ

kannhenn1.png

「編集」をクリックした後が↓です。

kannhenn2.png


[変数値]の最後に「;C:¥Program Files¥Java¥jre6¥bin」を追記してOKをクリック!これでコマンドプロンプトでどのフォルダに自分が居てもexewrapが使えます☆


これで準備は完了です。


⑤win7からEclipseなどで作成した「jarファイル」を適当な仮想xpのフォルダに移動する。ここでは「C:¥jar」としておきます。jarフォルダは作ってね。


⑥(スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト)コマンドプロンプトを起動して「C:¥jar」に移動します。
  cd c:¥jar [Enter]


⑦exewrap -t 1.6 ***.jar [Enter]
  これで***.exeが「C:¥jar」に作成されます。「***」は移動してきたjarファイルの名前です。


GUIプログラムで作ったjarファイルでないなら作ったexeファイルはダブルクリックしても一瞬コマンドプロンプトらしきものが起動するだけで実行できているかわかりません。


なのでコマンドプロンプト上で「C:¥jar」に移動して「***.exe」と入力して[Enter]をクリック。これで実行されます。


↓の画像が流れです。クリックしたら拡大できます。


exewrap1.png

exewrapはまだ色々使い方があるのでググってみてください。


[追記]ちなみにjarファイルは↓のコマンドで実行できます。
    java -jar ****.jar [Enter]


ではでは。
スポンサーサイト
2010-08-17(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


MAxUraのプロフィール

MAxUra

名前:MAxUra
年齢:学生です。
趣味:ネットサーフィン
           DVD鑑賞
特徴:さまぁ~ずファンです
          Linux初心者です

Win,Linux,フリーソフト関連のメモを載せる予定です

 現在はWindows7 64bitを使用しています(2010年3月までは自分のPCはvistaなのでフリーソフトは基本vistaで動作済みってことになります)

コメント・相互リンク募集中です。

紹介してほしいソフトなどありましたら気軽にコメントやメールください♪

ブログ内検索フォーム
プログラミング関係
Black Cat Clock
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめブラウザ
Firefoxをいつも使ってます
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。